会社沿革

昭和46年(1971年)
2月
創業者・出木場森蔵永年の食生活改善運動、健康増進活動に対し、財)修養困より「二木賞」(第3号、二木謙三医学博士賞)受賞。
昭和59年(1984年)
3月
究極の純正健康食品「不老仙」を開発、「報徳食品本舗」を創業。
平成4年(1992年)
8月
「株式会社 ホートク食品」として法人化。
創業者は会長となり、創業者の三女・出木場和子が代表取締役社長に就任。広く共鳴者の支援・協力を得ながら、創業者の意思を受け継ぐ体制を確立。
平成6年(1994年)
6月
会長:出木場森蔵が国際地球環境大学より、大学院教授博士号を授与される。
8月 福岡県助産師会主催 「食卓の向こう側 in 福岡」出展。
8月 日本助産師会の山西みな子氏より推薦を受ける。
平成9年(1997年)
6月
東京城南保健生協主催「健康まつり」に出展。
平成10年(1998年)
6月
会長・出木場森蔵が日本文化振興会より「国際アカデミー賞」受賞。永年の教育指導を評価され表彰を受ける。
10月 鹿児島三越の「健康自然食品まつり」に、㈱寿草のブースにて出展、この会場で会長・出木場森蔵が健康講座の講師を務める。
平成11年(1999年)
1月
本社社屋落成。
2月 「不老仙」の商標登録確立。
2月 不老仙クッキー「UP・10」委託製造・販売。
5月 東京都大田区の松井病院食養内科にて「不老仙」推奨。
11月 東京ドームリズムホールにて「健康ファクトリー」に出展。
平成12年(2000年)
7月
創業者・出木場森蔵が帰天。(91才)
平成15年(2003年)
11月
日本助産師会九州ブロック大会「福岡国際会議」にて、「母と子の心に寄りそう助産師さん」に出展。
平成16年(2004年)
7月
新商品・黒酢もろみ粒「薩摩の元気」開発・販売。
平成18年(2006年)
6月
不老仙に無農薬玄米粉入り「穀物家族」新発売。
平成20年(2008年)
11月
NPO法人・日本綜合医学会主催の東京大講演会へ参加・出展。
平成21年(2009年)
2月
自衛隊OB柊元様のご紹介で、国分自衛隊駐屯地内「防衛弘済会」にて、展示即売会実施。その後も、隔月開催している。
4月 不老仙クッキー「UP・10」自社工場にて製造開始。
12月 オリーブ堂薬局主催「不老仙で健康を」と題して講演。
平成23年(2011年)
10月
姶良市池島町27番地16へ本社移転。
10月 鹿児島アグリー&フード金融協議会主催 「南の逸品商談会」(会場・東京池袋サンシャシンシティ)へ出展。
11月 NPO法人・日本綜合医学会主催の東京大学講演会へ出席。
平成24年(2012年)
4月
「穀物家族」をリニューアルした「すこやか穀物家族」を開発・新発売。離乳補助パウダー食品「リニュウホワイト」を開発・新発売。
6月 内閣府・共生社会政策・横浜市主催 第7回食育推進全国大会「食育&復興支援フェスティバル横浜」(会場・パシフィコ横浜)へ参加・出展。
8月 姶良市池島町27番地34へ不老仙工場移転。
9月 家族の〝食″と〝健康″を応援する「秋の親子体験フェア~食とカラダづくりを楽しもう!~in横浜」に出展。
11月 NPO法人・日本綜合医学会主催の東京大講演会へ参加。
平成25年(2013年)
2月
小麦粉を「玄米粉」に、バターを「なたね油」に代えた「こだわりクッキー」を開発・新発売。
3月 あいらふるさと春まつり「あいらん家まるごと博覧会」(会場・姶良市総合運動公園)へ参加・出展。
6月 「不老仙」に乳酸菌nECを配合した「ナノ型乳酸菌入り不老仙」新発売
平成26年(2014年)
6月
内閣府・長野市主催 第9回食育推進全国大会~しあわせ信州食育フェスタ 2014(会場:長野市オリンピック記念アリーナ「エムウェーブ」)へ参加・出展
平成27年(2015年)
3月
2015あいらん家(ち)まるごと博覧会(会場:姶良市総合運動公園)へ参加・出展
6月 メーカー表記変更により「ナノ型乳酸菌nEC」を「乳酸菌nanoECF」に変更
7月 「乳酸球菌nanoECF配合不老仙」 が平成27年7月31日に、自己免疫力修復、抗酸化力の高い「食品組成物及び活性酸素消去用組成物」として特許取得。       特許第5783578